Windows10Pro安全装置CBB

CBB

Windows10 ProにはCBBという機能がある。
このスイッチは必ずONにするべきだ。
レスキューキットEXにはワンタッチ設定ボタンがある。
CBBとはステーブル(安定化)したOSのアップデータだけを掛ける設定だ。
CBBの設定をここで説明する。
Windows10 Homeにはこのスイッチはない。この場合はOSの更新をOFF/タイマー制御/バックアップで保護の設定を推奨する。

CBBとは一言で言うと、OSの更新ファイルを4ヶ月遅らせ、フィールドテストの終わったステーブル(安定板)なものだけ適用するスイッチだ。

CBBはWindows10 Proエディションで使用できるスイッチだ。Homeエディションでは使用できない。注意のこと。
Proを持っており、OSの更新をONにしている人はCBBもONにすべきだ。
戯曲的に説明するとCBBは次のようになる。

1.MSはOSの更新情報をアップデートする。
2.Windows Homeエディションを持っている人は普通は無条件に更新がかかる。

CBB・・・4ヶ月フィールドテストを行い、問題が起きたら改修して改善。

3.BCCがONになっていると4ヶ月のフィールドテストの終わった更新プログラムをインストールする。

 ある日、出社したら今まで動いていた業務用PCが動かなくなっていた。現在オフィスで多発している問題です。CBBはこの問題の発生を最小に抑える設定です。

■ Windows10 Proを持っている人は無条件にCBBはONを推奨!

Windows10レスキューキットEXでのCBBの設定を次に示します。
まずメインメニューから「Windows Updateタイマー」を選択します。

そして次の画面でCBBスイッチを確認できます。

BCCをON。これでWindows10 Proユーザはステーブル(安定版)なOSの更新だけが入ります。

■ Windows10 Homeを持っている人の場合

当サイトの見解では、現在もし安定している場合はサパッと更新を停止。
不具合が出ている場合はよくよくバックアップを取り更新を推奨する。
現在不具合なく動いているのであれば止めてしまうのが良い。そしてWindows10が安定して動いているという評判が高い時に更新を再開するのが良いだろう。

EXからこのようにシステムディスクのバックアップ機能を装備している。大切なデータを良く取り被害が最小になるようにしよう。